に投稿

ジュースクレンジングダイエット

私が試したのは1日ジュースクレンジングダイエットというものです。1日間、野菜と果物を低速ジューサーでコールドプレスジュースにして飲むだけのダイエット。ジュース6杯を2時間から3時間おきに飲みます。ファスティングダイエットに近いです。

ジュースだけで1日を過ごすなんて、さぞかしお腹が空くだろうな・・とおそるおそるやってみたら、全然お腹が空かなかった!!1杯のジュースの材料としては、にんじん2本、りんご1個、ビーツ、レモン少々とか、梨1つ、パイナップル1つ、セロリ1つとか、かなりの野菜と果物を消費します。栄養もたっぷり!!

ジュースだけで生活するから、トイレがとても近くなります。飲んで、ちょっとするとトイレに駆け込む感じです。(笑)

1日難なく過ごし、驚きは次の日です。

何と顔がツヤツヤ、ピカピカ!!見たこともないぐらい顔が綺麗になっていました!!

体重は約1キロ落ちました。

大事なのは回復期。折角ジュースクレンジングしても、元の食事にすぐ戻してしまうと、あっという間にリバウンドしてしまうので、ジュースクレンジングした後は必ずかけた分の日にちを回復食に当てないといけません。

回復食は1日目と同じジュースや、コーンスープ、お粥などを戴きました。

回復食で更に1キロ落ちました。合計マイナス2キロ。

胃と腸を休めるのにもとても良いダイエット方法だと思います。

に投稿

抹茶好きに朗報をお知らせします

私たちの生活にとても馴染み深い「抹茶」ですが、最近では外国人観光客の増加で、日本を代表する味として抹茶人気が高まっています。

抹茶には美容効果等を紹介します。

抹茶にはカテキンが豊富に含まれているため、高いダイエット効果が期待できます。さらに、ビタミンAやナトリウム・カルシウム・リン・食物繊維・タンパク質・アミノ酸・カフェインなども含まれているため、老廃物のデトックス効果や、便秘の改善・高血圧改善・食中毒予防・虫歯・口臭予防・ガンや生活習慣病予防・風邪予防・不眠・睡眠改善・疲労回復・覚醒、認知症予防の効果も期待できます。

抹茶に含まれているサポニンは身体の冷えを解消する。

抹茶には非常に高い美容効果が期待できることでも知られていますね。

美容に効果的な栄養分をたっぷり含んでいますし、それをダイレクトに取り入れる事ができる為、とても効率の良い美容方法を実現することができる。

シミ・シワをなくし、日焼けを改善して、肌のたるみにも効果が期待できます。なんと抹茶のポリフェノールの量は、緑茶の2倍と言われています。

普段から積極的に飲むことで、体の不調も改善されていくかも知れません。

以上で、実はあまり知られていない、抹茶の魅力についての紹介でした。

に投稿

美味しさの秘密は運動

一つのことを長く続けていると、自然と体が覚えているようなことってありますよね。

例えば、通学や通勤もその一つだと思います。通学の場合は長くても数年かもしれないですが、通勤の場合は長くて数十年、同じような経路を何往復しますよね。試したことは無いですが、今までに往復してきた回数と歩いてきた距離を改めて測ってみたら、きっと良い運動になっていると思いますよ!

また、場所を陸から海に移してみても、同じ経路を繰り返し通っている魚がいます。魚と言っても沢山の種類がいるので、聞いたことがない魚かと思いきや、実は美味しいお刺身としても親しまれている鰹なんです。

海には交通ルールも無いと思うので、魚達は好きな時に好きな所を泳いでいるようなイメージもありますよね。でも、鰹の場合は潮の流れに合わせて北を目指して泳いだり、南を目指して泳いだりします。鰹の中でも夏の初めに獲れる「初鰹」は脂が乗りつつも、しっかりと身が引き締まっていてとても美味しいんです!

この美味しさの秘密はやっぱり、いつも泳ぎ回って良い運動をしているからなのかもしれないですね。夏の暑さは大変でもありますが、美味しい初鰹を食べて頂ければ少しくらいは暑くてもいいかなという気持ちになって、暑い中の通学や通勤も乗り切れると思います。

に投稿

間食を止めてダイエットできました

ダイエットを決意したきっかけは、あるお葬式に参加しなければならなくなったときのことでした。

以前からお腹周りが大きくなっていることには、着ることが出来なくなったズボンの数々から、自分自身でも自覚していました。

それでもスエットなどを着ることで、特別な不自由さは感じずに生活できていたのです。

ところがお葬式に参加するためには、喪服を着なければなりませんが、もちろん再購入しなければなりませんでした。

この余計な出費が、私をダイエットへと導くきっかけになったのです。

私が行ったダイエット方法は、普通の3回の食事はそのまま食べるものの、その代わりに間食をしないという方法です。

私はデスクワークが多い仕事なのですが、職場の机にはいつもお菓子などが常備されています。

そのため隙間時間があると、ついそれらに手が伸びていました。

1回ごとにはそれほど食べていませんが、トータルするとけっこうな量を食べていることになります。

実際に間食を完全に止めてみると、その効果は明らかでした。

初めのうちは間食をしないことが辛く感じていましたが、1ヶ月くらいすると習慣になってきて、辛さを感じることがほとんどなくなりました。

その代わりに私の体重も、たった1ヶ月で3キロも減らすことに成功したのです。