に投稿

肌荒れについて

肌の悩みの一つが、「肌荒れ」です。http://lembellie-listrac.com/

本来であれば、表面のキメが整っていて、中から輝くようなツヤやハリを維持しているのが理想の肌です。

しかし、季節の変わり目など些細なことが理由で潤いがなくなることにより、「かさつく」「ざらつく」といったことが起きたり、ニキビや吹き出物ができてしまったりします。

特に、かゆみを併発する肌荒れや、肌の表面に赤みや湿疹ができたりしているときは、肌の内部で炎症が起こっている可能性が濃厚です。

ではなぜ、炎症が起こるのか。

詳しく探っていくことにしましょう。

「季節の変わり目になると、肌がかゆくなる」「それまで普通に使っていた化粧品が、急にしみるようになった」などといった経験はないでしょうか。

このような状態の時、たいてい肌のバリア機能が下がっています。

人間の肌は、表皮・真皮・皮下組織の3層から成っており、それぞれ独自の働きをしています。

表皮のいちばん外側にある角層では、角質細胞が積み重なっており、隙間を細胞間脂質が埋めることで肌のバリア機能が作られています。

これがあることで、乾燥した空気や紫外線など、外部からの刺激に負けないようになっているのですが、一旦それが崩れてしまうと異物が侵入しやすい状態になります。

そこで、肌は異物を排除するため炎症を起こし、湿疹などにつながるというわけです。