に投稿

本当に事実!?古代の育毛の話

私は最近「育毛」の歴史について気になって調べてみた者です。ベルタヘアローションを辛口評価!効果なしで効かないという口コミは嘘?

育毛剤とか育毛法なるものは、現代だからこそ実用性のあるものとして取り入れられていますよね。ただそれは現代の話であって、古代はどうなんだろうと思ったのです。毛の生えるサイクルや毛根や毛乳頭などの細かい知識がない時代の人達は、どうやって脱毛という壁に立ち向かっていたのでしょうか。

当然、薄毛に悩むのは現代人も古代人も同じです。そこで古代の人が用いたのはなんと「玉ねぎ」だったようです。紀元前1500年ごろに書かれたとされる医学書には、「玉ねぎを頭に当てると毛が生える」とされる文言が記載されていたとのこと。当時の状況においてそれがどの程度の効果があったものなのかは分かりません。ただ古代エジプトは玉ねぎを尊いものとして扱っていたとされ、あのピラミッドも玉ねぎがあったからこそできたとか。もしかすると、信仰的なニュアンスがあったのかもしれませんね。

正直、にわかには信じがたいですが・・・。一応現代の研究でも玉ねぎに含まれる栄養素は、血液や血管、また皮膚機能に非常によい効果をもたらすようです。体全体にある血管・血液・皮膚によい影響があることを考えると毛にも効果がありそうですし、あながち間違ってないかもしれません。

今だからこうして科学的に正銘されていますが、初めて「頭に玉ねぎを付ける」ということを考えた古代エジプトの人はすごいですね。