に投稿

年齢には逆らえない!?加齢臭の対策と予防について

40代から50代にかけて発生してしまう加齢臭は、なんとか対策したいものですよね。この加齢臭は、皮脂腺から分泌される成分が酸化することによって生じる「ノネナール」という物質が発生させているものになります。生理現象なので仕方ない部分もありますが、古本やロウに似ているという臭いは、どうしても気になる人が多いようです。そこで今回は、加齢臭の対策と予防についてお伝えします。

プルーストクリームの悪い口コミや評判を徹底検証!実際に使ってみた効果が衝撃的!?

加齢臭は、皮脂腺から分泌される成分の酸化が原因ということもあり、その分泌物質をどうするかが対策のポイントになります。一番重要なのは、汗をかく度にこまめに拭くことです。汗は分泌されて間もないころは無臭ですが、酸化して時間が経つにつれ臭いがでてきます。そのため汗をかいたと感じたら、その都度拭いて臭いの発生を抑えることが大切なのです。しかし、拭きすぎないように注意することも重要です。あまりゴシゴシと拭きすぎてしまうと、皮膚に必要な脂分まで拭き取ってしまうことになります。そうなると、皮膚の生理機能により過剰に皮脂が分泌されてしまうので、逆効果になってしまうこともあるのです。

予防策としては、タバコを吸わない、食生活をヘルシーなものにするです。喫煙や脂っこい食事は加齢臭の原因となりうるからこそ、控える必要があります。また食事としては、抗酸化食品、食物繊維、クエン酸、発酵食品を積極的に摂取すると加齢臭の対策として非常に効果的なのです。