に投稿

脂肪には二つのタイプがある

ダイエットをしている人は脂肪を意識していると思いますが、これには二つのタイプがあります。グラマラスパッツ

脂肪とは、一般的には中性脂肪を指しており、エネルギー源として皮下脂肪と内臓脂肪として、溜められています。

食べ物が含有している脂肪は、1gあたりおよそ9kaclという高いエネルギー量を持っています。

余ったエネルギー源の糖質とタンパク質は肝臓内で脂肪酸に変えられ、三つの脂肪酸と一つのグリセロールが結合して中性脂肪となり、脂肪細胞に溜まります。

中性脂肪酸は炭素と水素が鎖のようにつながった構造になっており、その特徴から、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。

鎖状に結合した炭素の全部に酸素がくっ付いている物は、飽和脂肪酸と呼ばれています。

肉や乳製品にたくさん含まれる脂肪酸で、常温では固体です。

不飽和脂肪酸は植物性製品に多く含まれ、常温では液体です。

不飽和脂肪酸は、炭素と水素がくっ付いていない箇所がある一方、炭素同士が二重結合している箇所もあります。

肉類の脂肪の主な成分であるステアリン酸・パルミチン酸などの他、植物性の物ではヤシ油やパーム油の主成分であるラウリン酸などがあります。

揚げ物によく使用されるヤシ油やパーム油は植物性なのに動物性の特徴を備えているので、摂取しすぎると動物性と同じく、動脈硬化のリスクが上がります。