に投稿

ダイエットで体に負担をかけすぎるとどうなるのか

ダイエットの中には、体への負担が強い物もあります。おすすめ着圧レギンス10選を徹底比較!

そのようなダイエットを続けていると、体にどのような影響があるのでしょうか。

まず、ダイエットの目的の一つは体脂肪を減らすことですが、体脂肪は体が活動するためのエネルギー源でもあるので、あまりに急激に減らすと、体は体脂肪の減少を抑制するため、却って体脂肪を蓄えようとします。

結果的に、痩せにくく太りやすい体になってしまいます。

また、体脂肪が正常な範囲を超えて減ってしまうと、ホルモンの分泌が乱れます。

その状況に対応するため、不要な部位から機能が低下していくことになります。

最初に、体が不要な機能だと判断するのは、生殖機能です。

無茶な食事制限などをすると、女性であれば「生理の周期が長くなる」「生理が止まる」などといったことが起こります。

また、皮膚への栄養供給が滞り、肌が傷みやすくなったりもします。

さらに、全身の疲れが取れにくいといったことも起こりますが、これはエネルギーが足りないために筋肉内部でのエネルギー代謝が燃焼不良となり、疲労物質である乳酸が溜まりやすくなっているのが理由です。

このように、負担の強すぎるダイエットは、失敗しやすいだけでなく、健康や美容にも悪影響を与えることがあるのです。