に投稿

35から肌の悩みが急増中

35歳になってから、色々な肌の悩みが出てきました。

http://www.portellenclan.com/

まずは鏡を見て愕然としたほうれい線!いつから出来ていたのか、ある日突然気になるようになりました。

免許証写真、旅行先の記念写真、スマホでなにげなく撮った写真も全てほうれい線が気になって気になって仕方ありません。

更にお肌のシミくすみです。

学生時代、日焼け止めを塗らずに毎日元気に自転車登校をしていたのが仇になったのかはわかりませんが、化粧下地、ファンデーション無しではとても外出出来ません。

あまりメイクするのは好きではないのですが、もうそんなこと言ってる場合じゃなくなりました。

あとここ1年、突然乾燥肌になりました。元々肌は丈夫な方で、いくら洗い物しようが洗剤が直接触れようが肌荒れとは無縁でしたが、乾燥肌になってからはハンドクリーム必須です。

つけずに家事をしていると、気づかないうちにアカギレやら何やらが出来てしまい、地味な痛みと数日間格闘する羽目になってしまうのです。

そしてメイク中にテンションが下がるのが毛穴の開き…。もう本当にげんなりです。

これら全てが35になった年に一気にやってきたので、対策に追われまくりでした。

元々スキンケアに無頓着だったのがいけなかったのでしょうか?

ともあれスキンケアを気にしだしたら、それはそれでちょっと楽しくなってきたので、これからうまく悩みとも付き合おうと思っています。

に投稿

加齢による顔のシミが気になっています。

私は40代を過ぎた頃から、頬や目の周りにシミが増えてきて、年齢よりも老けて見えるので悩んでいます。外出をする時は、日傘や帽子を使用したり、日焼け止めやUVカット効果の高いファンデーションを塗っています。
ハクアージュの最安通販サイトは?3ヶ月使った口コミ&効果を暴露!

30代後半から、40代を過ぎると、女性ホルモンの分泌量が減ってきて、お肌が乾燥するようになりました。ドラッグストアやインターネット通販などで保湿効果の高い基礎化粧品を使用しています。お肌が乾燥する時は、保湿用の化粧品を使用しますが、シミやそばかすが気になる時は、美白効果の高い化粧品を使用しています。

ビタミンC誘導体やEGFやFGFが含まれた商品を使っています。基礎化粧品のお手入れだけでは、限界を感じているので、美容皮膚科にも通院をしています。ハイドロキノンやトレチノインを処方してもらっています。3か月から4か月ぐらい使用していると、シミが少し薄くなってきました。

定期的に美容皮膚科に通院をすると、お肌の悩みに応じた治療法を提案してくれます。インターネット通販の専門店では、ドクターズコスメなども販売されているので、試すこともあります。シミを増やさないために、ビタミンCなどのサプリメントも服用しています。

に投稿

出産後の全く変わった私の肌質

結婚前、私の肌は無敵なのでは無いのかと思うくらい、化粧品に困ったことはありませんでした。やっぱり効果なし?シロジャムを購入

100均やプチプラコスメを使っても荒れることなんてありませんでした。

30を過ぎたころに、結婚、出産をしました。

まず、驚いたのが出産直後。こんなに全身パッサパサになるのかと思いました。

出産で汗やいろんな水分が体から出ていき、病室へ戻るときの顔が砂漠化していたのには衝撃を受けました。

ここから、今も現在進行中ですが、私の乾燥肌はスタートします。

まず、完全母乳だったのでどんどん水分をとられました。いくら、水分補給してもダメでした。

そして、夏だったので余計に乾燥します。

びっくりしたのが、髪までもが水分持っていかれるのですね。

やっと化粧ができると思ったら、完全にファンデーションが浮きました。

そして持っていた化粧品が全く合わなくなるのです。最悪なことにビューラーですら、まぶたがただれてしましました。出産前は1回もそんなこと起きなかったのに、びっくりです。

今はとにかく乾燥対策としましては、とにかく保湿に心がけています。

部屋に湿度計を置き、乾燥したら加湿器をつけたり、濡れタオルをかけています。

昼でも夜用乳液をつけて、夜はワセリンを塗って寝ます。あまり塗るとべたつくので、薄く手のひらで伸ばして顔に塗っています。

スチーマーが気になるので余裕が出来たら使ってみたいです。

に投稿

ニキビ肌は刺激の少ない洗顔料でこまめに顔を洗うべし

普段の自分の顔をきれいに保つことは大変重要なことです。洗顔はいつの時代でも衛生面やまた、身だしなみの観点からしても大切なポイントとなります。顔を自分で作っていくなかで日々の洗顔は欠かせないポイントとなります。
シロジャムの口コミ&効果をご紹介!最安値で購入可能な通販は?

若い頃からニキビの悩みと格闘してきた私にとってはいかにして普段の洗顔からきちんとした方法でニキビ対策をしていくかは大きな問題となります。洗顔料も市販の安い商品ではなく、ニキビケア専門の洗顔料を選んで使っていかなければなりません。

また一日に1回程度の洗顔ではなく、3回程度こまめに洗顔をすることで、自分の顔を清潔にキープしていかなければなりません。このように普段から自分の顔をきれいに保っていくことで確かな清潔感のなかで、自分の顔を作っていくことができます。

ニキビ肌は自分で普段から意識して適切なケアをすることが大切なこととなります。あまり気にしないで長時間放置しておくことで、自分の大切な顔がどんどん陥没し、長い人生のなかで大きなデメリットとなることもあるのです。自分の好きな顔をいつまでも適切に美しくキープするにはやはり、毎日の洗顔を欠かさずにきちんとおこなっていくことが大切なこととなるのです。

自分できちんとした顔を作っていくためには洗顔料選びの段階からきちんとした商品を選んでいかなければなりません。