に投稿

子育ては計画的に行う事が重要

子育てはなかなかに難しいことではあります。セノッピーは効果なし?!

子育ての情報ということに関しては別にいくらでもと言ってもいいくらい調べるということはできるわけですがはっきりいって人によってそれはだいぶ変わるということも当たり前のこととして存在しているわけです。

つまりは、世の中一般的に正しい子育ての方法であったとしても自分の子供にすれば該当するかどうかというのがわからないことがあります。

例えば健康に関することなどであれば基本的には問題ないということになりますが躾の問題などに関しては何が正しいのかというのが意外なほど難しい判断になります。健康に関しても例えばその子が虚弱であるのか頑強な体を生まれつき持っているような感じであるのかというようなことによってもどのくらいの鍛え方をするのかというのが違ってくるわけです。

そうしたことをよくよく確認した上でどのように子育てをしていくべきであるのかというので計画的に行っていくということができれば大きく失敗するということは、さすがにそんなに多いことではないでしょう。さすがにそうしたところは自分一人で決めることではないでしょう。きっちりと夫婦でしっかりと話し合いをして子育ての方針を決めることです。

に投稿

イトコとの差

私の子供は、男の子で現在1歳です。私の子より2週間遅れてきた義兄のイトコちゃん、同じ男の子です。正直この子を産む前から何かにつけて成長の差とかが出てしまったら嫌だなと思ってはいました。

http://www.greenmountainplonkers.org/

最初のうちは体格などの差はありませんでしたが、大きくなるにつれハイハイやあんよの出来がイトコの方が良く11ヶ月ごろにはバッチリ歩けていたのに対して我が子がバッチリ歩け始めたのは1歳過ぎてから、平均的に見たら我が子の方が一般の子供と同じくらいの成長の仕方だったかもしれませんが、両家のひいおじいちゃん達のプレッシャーが私にのしかかりました。

「1歳になって歩けないのはいけない!お前(お母さんのわたし)の責任だ!」と言われました。そのプレッシャーを子供も感じ取ったのかその日のうちに8歩まで歩けるように…。

そこからは結構スムーズにあんよできるようになり、バイバイやハーイやいろいろなことを覚えていってるつもりでしたが、一つ覚えたら一つ忘れる。最近までできていたのに…出来ない!イトコちゃんに会った時に我が子よりいろんなことができる事にショックを受けました。しかも、完璧に出来ていました。

成長が遅れているのかもしれないと少し心配になっている時に、子供と公園に行きました。子と同級生の男の子と居合わせその子の真似をしたがり追いかけて遊んでいました。「前までは子供を見ても決して交わる事なかったのにな」と思いました。帰る時にお友達がバイバイをしてくれました。お父さんにもバイバイしないからしないだろうなと思いながらも「お友達にバイバイしようね」というとバイバイと手を振りました。

その時「あ、この子はこの子でちゃんと成長してるんだな」と思いました。他の子の成長はもちろん刺激にはなりますが、我が子は我が子なりの成長の仕方があるんだから押し付けず自由に育ててあげようと思えました。