に投稿

伝統武術による筋トレ

①食事は玄米を中心した腸トレメニュー タンパク質の摂取量よりもアミノ酸への分解能力を高めるために完全食である玄米と根菜類や野菜を多くとり、肉類は適度とする。
量は朝を多くとり、昼と夜は少なめにする。理由は朝に食べたものは胃から腸へ到達するのがその日の夜以降になる。つまり、睡眠中に吸収される栄養素は朝の食事がメインとなる。昼と夜を多くすると余分な栄養素が消化不良となるので、脳が飢餓状態を想定し、脂肪蓄積モードに入る。

鍛神(きたしん)

②武道トレーニングとして木刀の素振りと槍術。 木刀の素振りは足から腰、肩、指先までの統一筋肉運動となる。日本刀は脊髄を模写した構造であるため、この日本刀を模写した木刀は脊髄そのものである。この木刀を操作することは脊髄をコントロールする訓練となるため、全身の統一運動となる。また、槍術は左右対象に身体を操作する物であり、その事によって身体の左右のバランスを高め、足腰の強化となる。

この訓練による身体的効果は身体の骨格と骨格筋をバランスよく鍛え、バランスの取れた身体となる。いわゆる今の言葉で言えば細マッチョ寄りの身体になる。

器具として必要なものは木刀と棒術用の棒。
ジムというより道場であるが、
場所はどこでも可能です。
私の場合は長年指導をしておりますので、自分自身は早朝の公園で行っている。

ダイエット効果については
私自身を含め、
これまで数百人指導した中で、
ダイエットというより適正体型となり体質が完全に変わるので、
太らなくなる。

に投稿

私の中で一番効果があった筋トレはスクワットです。

私は今まで行ってきた中で一番いいなと思った筋トレ方法はスクワットです。一番これが良く一番やり易かったです。

なので毎日のように行っています。

メイプアップの効果と口コミ評価!最安値で購入できる通販は?

また子供が小さいうちは子供をのせてスクワットをしたりしています。はじめはなかなか思うようには動かなかったのですが最近になってようやっと動くようになりました。気持ち飲めんで救われたなと感じています。

気持ちと中身が伴わなければいい気持ちもしませんしとても疲れてしまいます。なので私はこれからも筋トレをしていきたいと思っています。

なかなか思い通りにはいきませんので少しずつ少しずつ体力を回復していっているところです。

もうこれ以上はいい気持ちはしませんが続けていきたいと思いますし自分のからだのためにも大事なことだと思っています。なかなか思い通りに行かない人生は筋トレをすることによって少しは道が開けるかなと思います。

もう少し筋肉をつけて自分のからだが思い通りになるといいなと思います。そして思い通りになったら今度はもっともっとしっかりと毎日楽しく生きたいなと思います。気持ちを引き締めて生きたいなと思います。頑張ってやっていこうと思いますし、筋トレの大事さを見に染みて感じています。

に投稿

この春、筋トレを始めるキッカケ3選!ゆるく筋トレを始めよう!

筋力トレーニング(以下筋トレ)という事で、年の初めや4月に年度が変わる時期など、「今年こそは始めてみようかな?」という男性の方は多いと思います。

ですが実際は、実行できる人は多くないのではないでしょうか?周りにも「ジムへ行きたいけど、なかなかね…」という人はちらほらいるのではないでしょうか??

そこで今回は、「春に始めたい筋トレのキッカケ」を3点、紹介をしていきたいと思います。

http://www.atlanticendeavour.com/

1.まずは形から!トレーニングウェアを揃えてみる。

 まずはトレーニングに必要なモノを挙げてみます。

・速乾性の高いTシャツ

・ハーフパンツ

・室内シューズ

・タオル

・水分

 タンスに眠っている動きやすいTシャツやジャージでもいい(と思う)のですが、それ専用の服を用意すればちょっとやる気がアップするものです。今はUNI〇LOさやG〇でも速乾性の高いスポーツ向けのウェアが販売されていますので、まずはそういった比較的安価なもので揃えていくのがおススメです。高いものや高機能のものは、徐々に買い揃えていけばいいんです。気軽さが大事!ボロボロになっても安価なモノならそんなにテンションも下がりません。

2.ゆるい目標を決める

 1と順番が逆な気もしますが、最初に「腹筋を六つに割るぞ!」とか「ブ厚い胸板を手に入れるんだ!」とか高すぎる目標を立てても、ハードルの高さに挫折する人も少なくないものです。大事なのは「高すぎない目標」です。ランニングマシンで10分走る、とか、今日は30分トレーニングする、とか、まずは達成できる低い目標から立てていきましょう。筋トレは継続してこそ効果を得られるもの。そして小さな成功体験が継続につながるのです。この継続というのが難しいので、週に一度はジムに行く、でもいいと思います。

3.一人ではなく誰か誘ってみる

 一人でジム行くのはなかなか勇気がいる、という方は、友人や同僚を誘ってジムデビューするのはいかがでしょうか?一人ではないという心強さ、それにうっすらと芽生えるライバル心(あいつがあんだけやってるんだから自分だって…みたいな)が意外とトレーニングを続ける後押しになってくれます。

いかがでしたでしょうか?今年の春は、ボディビルダーまでとはいかなくても、細マッチョにはなりたい、お腹をへこませたい、という「ゆる筋トレ」からトレーニングを始めてみませんか?それでは!

に投稿

無理のないボディメイク

約1年パーソナル、加圧、ヨガ、ウェイトトレーニング、有酸素など続けています。それまでは運動は大嫌いで全く行っていませんでした。最近はやりのボディメイクという言葉に惹かれ突然パーソナルトレーニングを1年前に契約。

鍛神HMBの最安値通販

運動し終わった後のやりきった達成感が好きなのでコーチにはなるべく厳しめのメニューを組んでもらうようお願いしていました。50分1万円ということもあり週一ペースで2か月ほど通いました。ウェイトトレーニングをはじめ、縄跳びを使った有酸素運動なども取り入れてもらっていました。運動後のプロテインはこの時初めて飲み、はじめはとても苦手でしたが今では慣れてしまい、自分にあったプロテインを探すまでになりました。通い始めたことをきっかけに食事にも気をつかい鶏肉を中心にした食事に切り替えました。

毎日にお弁当のおかずはすべて鶏肉で作っています。パーソナルトレーニングは料金的に苦しくなったため加圧トレーニングに変えました。加圧は今までのパーソナルのウェイトトレーニングとは違い時間は短いですが同じくらいに疲労感がありました。

締め付けれることで翌日少しあざのようなものができることがあるので気にならない方や時間があまりとれない方はおすすめです。その後、このパーソナルと加圧で行ってきたメニューを自分自身で組み合わせ今ではスポーツジムのマシンをで自分自身でメニューを考えて週2で体を鍛えています。ヨガはその筋トレの体をリフレッシュするためにも週一ほどで定期的に続けています。

自分にあったメニューを組めるまでになればきっとつらい筋トレも楽しいものに変わると思います。実際この1年間で体脂肪は4パーセントほどダウンしました!

に投稿

未経験から始める筋トレ

筋トレを始めるとなると、週にどれくらいの頻度で取り組めばいいのか悩む方もいると思います。特に初心者の場合、毎日ジムに通う必要はなく、続けられる範囲の頻度でメニューを組み立てることが、長く継続するためのコツといえるでしょう。

http://www.rayzorranchshopping.com/

今回は、筋トレ初心者でも続けやすいトレーニングの頻度や、結果が出やすいメニューの作り方をご紹介します。まず、筋トレ初心者が筋トレを始める場合のトレーニングの頻度や時間について説明すると初心者は、週に3回にする事がオススメです。基本1~2日おきに取り組めば十分で、毎日ジムに通う必要はありません。

慣れてきた方や、より本格的に鍛えたい方は、週6回のペースで筋トレをしてもいいと思います。ここで注意したいのは、「日によってトレーニングする部位を変える」こと。また、同じ部位をトレーニングする場合は、最低2日間は空けましょう。

これは、筋トレによって筋肉が分解されると、48~72時間後に筋肉が大きくなり、再構築される現象が起きるため。2日ほど空けて同じ部位をトレーニングすれば、この再構築にかかる期間も過ぎているため、効率的に鍛えられるのです。2日経たないうちに同じ部位に負荷をかけてしまうと、再構築が間に合わず、反対に筋肉が減少してしまうリスクも。

また、1週間のうち最低でも1日は、休息日を確保することも大切です。週7日ジムに通うのは肉体が休まらないため、避けたほうがいいでしょう。筋トレで最も重要なのは、継続させること。無理なく続けることが大切です。

に投稿

運動と筋トレで体力をつける

運動不足にならないためにも身近な運動は、ウォーキングの他に筋トレがあります。http://www.exobrass.com/

身近に出来る筋トレは、介護予防やけがの防止で、いつでも自分のやり方やペースに応じて無理なく出来て、バランス感覚を養う片足立ちや軽いスクワットで下半身の体力を向上して、寝たきりや転倒防止にもなり、上半身を鍛えるためにも、腕たせ伏せ、腹筋、懸垂など筋トレを上手く活用すれば、体幹も鍛えられて、一日10分くらいの運動でも、筋肉が付いてきて、体重の維持にもなります。

食事バランスも必要になり、たんぱく質が豊富な大豆、魚類、肉類も適度に摂取して、筋肉にも栄養が必要です。

骨粗しょう症予防にもカルシュウムを効率に摂取することであり、乳製品、小魚などが多く含まれており、バランスの取れた食事が必要です。

トレーニングセンターでも、器具を使って、上半身、下半身、体幹の維持をいていくためにも、レベルや強度に応じてトレーニングが出来て、長く続けることも必要で、生涯健康でいるためにもストレッチや軽い筋トレも生活の一部にしておくと、運動不足による生活習慣病予防になります。

ラジオ体操など地域の活動にも参加することも無理のない筋トレにもなり、規則正しい生活が送れます。